So-net無料ブログ作成
検索選択
考え事 ブログトップ

Twitterでたまに(よく?)見るあれ [考え事]



どうも、こんばんは。
最近、とても寒くなって来ました。
自分の中では20℃を下回ったら冬という認識ですので、そろそろ冬に突入してしまいますね…。

今日書こうかなーと思っていることは、Twitterでたまに見かけることなのですけれど、愚痴とかネタツイートに対してマジレス、しかも非公式RTでレスしているやり取りについてです。
私はTwitterをやる上で愚痴みたいなことは書き込まない、って決めているので、こういう事態に発展したことはないのですが、でも、3年近くTwitterをやっていると、公式RTとかで回ってきたり、私のTL上でそういう事態になっていたりということがたまにあります。
私としては、それについては肯定派でも、否定派でもなく、あくまで傍観者という立場で眺めていたいタイプなのですが、大学院で大雑把に言ってインターネットについてやらをかじっている身としては、色々と考察しちゃうんですね。もはや、職業病でしょうか?(笑)

さてさて、

例えとして愚痴ツイートやらそれに対するマジレスを引用してしまうと特定されかねないので避けますが、これまでそういったやり取りを見てきた感じだと、

A:愚痴ツイート→B:非公式RTでマジレス→A:Bには@飛ばさずに「そういうつもりで言ったわけじゃないんだけどなぁー」→B:こちらももうAには@を飛ばさずに、先程の非公式RTに対してリプしてきた別のフォロワーさんとさらに議論が進む…

という流れが大体だったのですが、この流れから読み取れることは……

「そもそも両者のTwitterでツイートする姿勢が異なる」

なのかな、と。これもあくまで私の主観ですが。

Aとしては普段、友人に愚痴るのと同じようにTwitterでも愚痴ってストレス発散的な感覚。
Bとしては、自分を誇示するための1つのツール(という言い方が正しいのか分かりませんが)であって、愚痴とか不真面目ツイートに対して「こういう人がいるから~~~」と正論を乗っけて、フォロワーさんに明示したいというような感覚(なのかなぁ…?)。

つまり、AにとってTwitterはパーソナル空間。Bにとってはパブリック空間。

-*-*-小休止-*-*-

やっぱり自分の考えを文章にするのって難しい……。頭の中では言いたいことが何となく浮かんではいるのに文章化できない……。

-*-*-小休止-*-*-

さてさて、ですね、さらに特徴的なのは、特にBの方ではBのフォロワーさん同士で議論が始まってしまい、もはやAの存在は忘れ去られているということ。もしAが弁解しようとしても、多分ですが、Bの方には受け入れられてもらえないでしょう。なぜなら、Bはあくまで自分が正しい意見を言っているということをフォロワーさんに明示したい、という「承認欲求」を満たしたいだけだと思うからです。

ただ、Aとしては、すでにその議論の中からA自身の存在は忘れ去られているとしても、その議論を見てしまうとAにとってはあまりいい気はしないですよね。その議論の発端を作ったのはA自身ですから。

A:愚痴→B:公式RTして、Aには@を飛ばさずに批判的なツイートをする→B:フォロワーさん同士で議論が始まる

という流れなら、Aは自分のツイートが公式RTされたことにさえ気付かなければ、Bのもとで行なわれている議論を目にすることはないのですけどね…。

ま、ま、それは置いときまして、

私もそういうやり取りを見てきて、愚痴とはいえ「ここまで言うのかー…」って思ったり、マジレスを見て「いやいや、ここまで言うのは飛躍し過ぎでしょ」って思ったり、その時その時で違うので、どちらかの肩を持とうとは思いませんが、ここはもう個々の使い方に任せるしかないですよね。

さすがに個人情報を晒すのはよくないですが、人間誰だって愚痴りたいことありますし、その毒抜きの場としてTwitterを活用してもいい。以前、インターネット・SNSと教育を考える会議みたいのに参加した時、プレゼンターさん(教員をなさっている方でした)が「Twitterは子どもたちの毒抜きの場としてもいい」と肯定的に捉えている方もいました。もちろん、限度というものはあると思いますが。
逆に、Twitter上で様々な人と意見交換する場を設けて、自らの知見を深めるというように用いてもいいと思います。
ちなみに、私はTwitterではどうも議論しようとは思わないんですね。Twitterって、古いツイートを読もうと思ったら基本的には下から上に上っていかなければならないじゃないですか。なのに、1つ1つのツイートは上から下に読んでいかなければならない。目の動きが…(笑)

ということで、グダグダとまとまらない感じで述べてきましたが、ここから言えることを一言でまとめます。
つまり、Twitterは自分が使いたいように使えばいいと思いますが、全てのユーザーに対して自分の使い方の枠内で考えない方がいい、ということですかね。

………とまぁ、なんとも逃げ腰のような結論になりましたが、これを書いたことで誰かと議論をしたいわけでもなく、自分の頭の中でグルグル回っていることを多少なりとも整理しておきたかったので書き記した、というところですかね。
言葉足らずで説明不足なところもございますが、そこら辺はご愛嬌ということで…。

ココロコネクトのBDが届きました。
OPが変更されておりました。

おわり
タグ:Twitter
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野球に対する思い [考え事]

気付いたら10月も今日で最後で、なんと10月は1回しか更新していなくて、しかもそれが初日で、今日は最終日。さらにハロウィーンとやららしいですが、だから更新するってわけではなくて、たまたま更新しようと思ったのが今日だったってだけのことです。
そしてそして、今まで更新していてもアニメの話が中心だったのだけれども、今回は自分にとって結構真面目なことを書きたいと思っていて、いや、でも、いつものアニメの話も大真面目なんですけど、とにかく今回は結構自分の人間性の根本を形作ったとも思える野球についてのことなんです。

ただ、書きながら文章の体裁を形作っている感じなので、あっちこっちに話題が飛んで読みにくい文章になってしまうかもしれませんがご了承ください。そして、お暇があればお付き合いください。

前置きが長くなりましたが、

自分は小学校3年から高校3年までずっと野球をやっていました。
小学校の間は、地域のクラブチームで軟式野球。中学校の間は、部活がなかったのでこれもやっぱり地域のクラブチームで硬式野球。高校になってからは、野球部。

ただ、大学に入ってからはやっていません。(高校の仲良い人たちと草野球チームを作って、最初の頃は月1くらいでやってたけど、徐々にそれもなくなって今では全然やっていない、って感じです)

今でもふと、「もし大学でも野球を続けていたら、今の人生も少しは違ったのかなー?」なんて思ったりもします。
今でも無性に「野球やりたいなー」って思います。

もしかしたら、「それならやればよかったのに」と思われるかもしれません。
でも、大学ではもともと野球をやるつもりすらありませんでした。一応、うちの大学にも硬式野球部はあるみたいですが、見学すらも行きませんでした。

そこに至るまでは、自分の中で色々考え抜いた結論であって、今思うと「自分は相変わらず頑固だなーw」なんて思ってしまうけど、でも、それくらい結構本気で考えました。
具体的には以下のようなものでした。

まず、高校と大学では環境もガラッと変わり、自由な部分が増える。今まで、ある意味、勉強と野球だけで歩いてきたので、

バイトもやってみたいし、
バイトをすることでお金欲しいし、
もっと自分の時間も確保したいし、
今まで集団に縛られてきた(決して嫌だったわけではない)から、大学に行ってまでそんな集団に属したくなかったし、
etc…

って感じで、やっぱり「自由」を求めたということが挙げられます。

そして、それに付随的な理由で、でも、これが一番、大きな理由であって、

「野球を中途半端にやりたくない」

ということでした。

上記に羅列した理由の中でも特に、バイトもやり、自分の時間も確保し、となると、恐らく高校までやってきたように野球だけに打ち込むことはできなくなる。必然的に、中途半端になってしまう部分が出てくる。それが、野球に取り組む姿勢として自分にとっては許せない。
あくまで、「恐らく」と推測ですが、「絶対」そうなると自分では確信していました。(←矛盾してますねw)

野球を大好きだからこそ、高校までである意味完結された綺麗な物語のまま、後味の悪さを残さず、

「野球を辞める」

という結論に至りました。
あれ?だいぶ話が飛躍してる気がするww

これが、高校まで自分を育ててくれた、野球というある種の「教育者」に対しての恩返し(のつもり)です。
ただの自己正当化だろ、って思われるかもしれないですが、それもそれで1つの意見だし、自分の中にもそういう気持ちが決してないわけでもありません。でも、結果として今、野球に対しての感謝や、高校まで野球に打ち込んでこられたという綺麗な思い出には一点の曇りもないので、これはこれでいいと思っています。

自分で決めた結論だし、それに従って進んだのは自分だし、その分の責任というか負荷はあくまで自分が負うわけだし、段々何言ってんのかよくわかんなくなってきましたが、つまりはそういうことですw

おわり
タグ:野球
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
考え事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。